かんき出版

  • HOME ホーム
  • ABOUT 書籍について
  • MAKING 書籍ができるまで
  • AUTOGRAPH サイン本の購入

MAKING 書籍ができるまで

浜口隆則・村尾隆介の共著作「だれかに話したくなる小さな会社〜『社会モテ』するブランド戦略〜」(かんき出版)は、このようにして誕生しました。

そのメイキング・オブ・書籍を、写真と共にお楽しみください。

書籍の企画ごとに、ノートを用意します。

今回の書籍のために使用したのは、伊東屋で購入したCAMPUSシリーズの新作。
ユニバーサル・デザインで、めくりやすい設計です。
第1章に登場する欧州の会社には実際に両著者とも足を運んでいます。

写真はロンドンにあるカリスマカフェのオーナーとの対談の姿。
残念ながら今回、文中には出てきません。
アイデアと構成が毎日ノートに書き加えられます。

イラストのための下描きも、いっぱい。
使うペンが、その都度異なるので、結果、とてもカラフルです。
執筆の場所は主に六本木ヒルズのライブラリーか、青山界隈のカフェ。

常に机にはコーヒーが用意されています。
i-Podには、書籍の雰囲気にマッチしたピースフルな曲の数々が。
何度も印刷をして読み返します。

リズムや構成を、より実際の書籍に近い形で確認するために、同じようにページを組みます。
鞄には、常に最新版のモックアップが入っています。
内容だけではなく、プロモーションや表紙案もつくります。

あの表紙の案は、もともとこんな一枚の下描きから始まりました。
冗談半分に描いたのですが、結局その案でGO!
絶え間なく原稿の確認作業。

暑い季節に書いたので、バックにはアイスコーヒーが写っています。
このカフェにも執筆のために多大なサポートをいただきました。
もう少し進んだ形の表紙案が、これです。

この時点では、タイトルも実際のものとは微妙に違います。
何回も語呂や、耳心地を確かめながら題名を決定します。
都内の他にも拠点を持つ両著者は、まとまった時間を静かな環境でとるようにしています。

写真は村尾隆介さん。
自然に囲まれた、こんな場所で仕事をしています。
出版が近くなったらプロモーション活動にシフトします。

写真は、書籍の発売をお知らせするためのキャンペーン・ステッカー。
携帯電話にピタリと貼れるサイズです。
執筆にはスウィーツ!

糖分補給という理由をつけては、常に甘いモノを口にしています(笑)。
制作期間中のブームは、ムースとアイスクリーム。
そして、今はダイエット中。
イタズラ大好きの著者たち。

これは村尾隆介氏が、浜口隆則氏の著書「戦わない経営」(かんき出版)のまわりに
オモチャの兵隊をたくさん置いて撮ったもの(笑)。