かんき出版:マイクレド  なぜ、あの人はいつもブレないのか?

  • HOME ホーム
  • ABOUT 書籍について
  • MAKING 書籍ができるまで
  • AUTOGRAPH サイン本の購入

ABOUT 書籍について

  • コンセプト
  • 著者紹介

コンセプト

コンセプト
紀伊国屋やアマゾンなどで、長い期間、部門売上1位となったベストセラー『だれかに 話したくなる 小さな会社 〜「社会モテ」するブランド戦略(かんき出版)』の製作スタッフが再び 集結。選んだテーマは「自分ブランディング」です。

「職場のレギュラーメンバーになるため」
「より優れたリーダー・経営者になるため」
「魅力ある起業家・フリーランサーになるため」
「就職活動を成功させるため」

…に、「自分をブランド化する」は、極めて大切な発想です。

しかしながら、「服装や身振り手振り、話し方を変える」だけでは、物事おおきくは好転しません。それは住宅でいえば、単に屋根やカベを塗り替えているに過ぎないからです。
この書籍『My Credo』は、あなたのブランドの「土台」に関する本です。その土台を「マイクレド」と呼んでいます。
この書籍は、著者である村尾隆介と、浜口隆則が、この10年間歩んできた道のりの披露でもあります。この2人は、本当に、この本に記されたように、今日まで“自分ブランド”をつくってきたのです(事実、いまだに一緒に、この本に掲載されているエクササイズを行っています)。

また、何よりも、この2人の書く本の特長といえば、その「文章」です。発売の日程を数カ月遅らせてでもこだわった表現やデザインも同時に、ぜひお楽しみください!

最後に編集を担当した、かんき出版の東川奈美さんのプロモーション葉書に掲載された文章を下記に載せます。

HAPPY READING!
製作チーム一同
『どうやったら、村尾さんや、浜口さんのようになれるのか?』
こんな声が全国から多く寄せられました。
その解答として生まれたのが、この“自分ブランディング”の本。
生原稿をメールで受け取った私に鳥肌が立ちました。そこには、ファッションでも、髪型でもない、この2人にしか書けない、ものすごいパーソナルブランディングの発想が記されていました。

PAGE TOP

  • コンセプト
  • 著者紹介

著者紹介

浜口 隆則 (はまぐち たかのり)
浜口 隆則 (はまぐち たかのり)
会計事務所、経営コンサルティング会社を経て、大好きな起業家を支援する仕事をするために20代で起業する。
「日本の開業率を10%に引き上げます!」をミッションにしたビジネスバンク社はレンタルオフィス事業、会計事務所、ベンチャーキャピタル会社、起業家教育事業など、起業を総合的に支援するグループに成長している。
数千社という起業の現実を見てきた「起業の専門家」でもあり、「幸福追求型の経営」「戦わない経営」「小さな会社のブランド戦略」など、独自の経営論でファンが多い。アーリーステージの事業に投資する投資家(エンジェル)でもある。
著書に『戦わない経営』『仕事は味方』(かんき出版刊)『「心の翼」の見つけ方』(フォレスト出版)がある。 プライベートでは、テニスをはじめとする様々なスポーツを愛するアスリート。
横浜国立大学教育学部卒、ニューヨーク州立大学経営学部卒。
村尾 隆介 (むらお りゅうすけ)
村尾 隆介 (むらお りゅうすけ)
小さな会社のブランド戦略を手掛けるコンサルタント。スターブランド社の共同経営者・フロントマンとして全国をプロジェクトで飛びまわる。
弱冠14歳で単身渡米。ネバダ州立大学教養学部政治学科を卒業後、本田技研に入社。同社汎用事業本部で中近東・北アフリカのマーケティング・営業業務に携わる。退社後、食品の輸入販売ビジネスで起業。事業売却を経て現職。その成功ノウハウを、小さな会社やお店に提供している。
「拡大志向ではなく、しあわせ志向の起業術」「パーソナルブランドの大切さ」などのメッセージを説く講演会・セミナーは年間50本を超え、そのエンタテイメント性の高さと分かりやすさから、ファンやリピーターが実に多い。
社会活動にも熱心に取り組む、スポーツをこよなく愛すアスリート。優れた国際感覚を持ち、世界中に友人がいる。
村尾隆介 公式WEBサイト www.ryumurao.com

PAGE TOP