かんき出版:マイクレド  なぜ、あの人はいつもブレないのか?

  • HOME ホーム
  • ABOUT 書籍について
  • MAKING 書籍ができるまで
  • AUTOGRAPH サイン本の購入

“自分の空気”を色で表す

このストーリーは、本来は書籍『My Credo』の中に含まれるはずのものでしたが、ページ数の関係で泣く泣くカット。
そのかわり、この『My Credo』専用サイトに、全文を載せたいと思います。
ぜひ、自分クレドをつくる際、その文字や装飾を「自分のテーマカラー」にしていただければと思います。
きっと、その参考になるストーリーです!

自分の空気”を色で表す
自分クレドをカード化する際に、使って欲しい“色”があります。
カードのベースとなる紙が、その色になっていても良いです。
クレドの文字に、その色が使われていても良いです。
どちらにせよ、そこに「あなたのテーマカラー」を用いてください。
ここでいうテーマカラーとは、あなたの好きな色ではありません。
あなたが普段から発している空気の色のことを、私たちはテーマカラーと呼んでいます。
もちろん、あなたが発している空気の色と、あなたが好きな色が、たまたま重なることもあると思います。
今現在、あなたと接したときに、人は、どんな色の空気を感じるでしょう?
周囲の人に聞いてもらっても結構です。
「今現在は、こんな色の空気を発しているけれど、これからは、いつもこういう色の空気を発していきたい」
という未来系な設定の仕方でも問題ありません。とにかく一色選んでください。
あなたのテーマカラーを、ひとつ、ここで決めていきましょう。
その色の表現が細かければ細かいほど、自分ブランドの構築には貢献しやすいです。
同じオレンジにしても、蛍光色よりなもの、黄色よりなもの、かぼちゃのようなオレンジなど、実に多様です。
カラーチャートなんかを見ながらでも良いですね。
「○○のようなスカイブルー」など、できるだけ細かい表現で、あなたのテーマカラーを設定してみてください。
そして、クレドカードだけではなく、一度あなたのテーマカラーを決めたら、その色を大切にし、 できれば、いろんなところで使ってください。服装の色を、もろにそれにする必要はありません。
でも、サシ色として、その色を使ったり、雑貨や文具を選ぶときなども、ちょっとずつ気にしながら、 あなたのテーマカラーを、生活の中に取り入れていってみてください。
テーマカラーは、あなたのブランド力を維持することに役立ちます。
たとえば、疲れているときや、感情が不安定なときも、テーマカラーを、自分のどこかに取り入れてあれば、 それを見て、「そうだ。まわりの人は、自分の空気感を、こう思っているんだった。じゃあ、しっかり、 この空気を感じてもらえるようにしなきゃ」と、自分を律するツールとして役立てることができます。
もしも、今の段階で、自分の発している空気の色を周囲に聞いて、バラバラの答えが返ってきてしまったら、空気が安定していなかったり、キャラクターが未完成ともいえるかもしれません。でも、心配要りません。ここで、しっかりとテーマカラーを設定し、それを大切にし、自分クレドと共に、常にそれを意識していけば、きっとあなたのブランドの構築に貢献してくれます。これも立派な“あなたのルール”です。